注目キーワード

ミス日本代表 鑓田朋峰(やりたともみ)の異母兄が激怒した理由は?フジテレビ・グッディの偏向報道に批判殺到!?

今年のミスインターナショナル日本代表に選ばれたのは、

俳優の故・岡田真澄さんの娘で、鑓田朋峰(やりたともみ)さんでした。

鑓田さんはなぜか本名ではなく、父親の旧姓であった岡田朋峰さんとして応募し、

結果日本代表に選ばれたのです。

岡田姓を名乗った事で激怒したのは、

岡田真澄さんと2番目の妻の長男である岡田眞善(しんぜん)さんでした。

よくあるお家騒動にも思えますが、この問題について特集した

『フジテレビ・グッディ』の偏向報道がヒドイとネットで話題になっているのです。

そこで今回は

なぜ岡田眞善さんが異母妹に激怒しているか、また批判殺到の『フジテレビ・グッディ』偏向報道
についてご紹介していきたいと思います!

朋峰さんが岡田姓を名乗った事で岡田眞善さんが激怒した理由

まずはミスインターナショナルの応募時に、朋峰さんが本名の鑓田ではなく、

岡田姓を名乗った事で、なぜ異母兄の眞善さんが激怒しているのかについてご紹介します。

前妻と子供達を捨てて後妻の鑓田姓を名乗った父の真澄さん

岡田真澄さんが眞善さんのお母さんで藤田みどりさんに離婚を切り出したのは、

「映画を作る為に借金をするので、家族に迷惑がかかるから、書面上だけ離婚して欲しい」

という理由でした。

あくまで書面上だけの建前の離婚だったはずが、

翌年真澄さんは26歳年下の客室乗務員の女性として再婚してしまいます!

真澄さんを信じて裏切られたお母さんを思えば、相当悔しかった事でしょう…

当時眞善さんは文芸春秋にて「虚偽の離婚であった」ことを語っていました。

そしてその後真澄さんとは絶縁状態でしたが、真澄さんから「会いたい」と連絡が入ります。

その時には既に真澄さんは余命わずかであり、大変ショックを受けられたという眞善さん。

眞善さんのブログには、真澄さんが亡くなられる前日、

心配で一睡も出来なかった」事が記されていて、

憎みきれない親子の愛憎の悲しさを伝えています。

一方で騙された様な形でも、離婚を受け入れ慰謝料も請求しなかったお母さんを

眞善さんは1人の女性として、とても尊敬していようです。

結婚して岡田姓になったのだからと離婚後も姓を変えませんでしたが、

岡田真澄さんは再婚し、奥さんの姓である鑓田姓を名乗る事を選択するのです。

そして「もう僕は岡田ではなく鑓田なので~」

なんてそんな言葉で片付けられてしまったのでした。

当時中学生だった眞善さんはどんなに悔しかった事でしょう…

そしてもう1つ眞善さんが許せないのは、弟である三男の自殺でした。

弟さんは一番のお父さん子だった事で、余計にお父さんを許す事が出来ず、

舞台のプロデュ―サーとなって父である真澄さんを使ってやる

という事を目標に舞台制作の仕事に就いたのです。

そして真澄さんに出演を依頼し、舞台の本番まであと数日という、

もう代役のきかない段階で、突然真澄さんから

「娘の運動会があるから」という理由でキャンセルされてしまったのでした。

弟さんの絶望はいかばかりだったか、想像するととても悲しくなりますよね。

そして弟さんは自宅の前で自ら首をつって亡くなってしまいます…

同じ兄妹なのに、あまりの扱いの違いが許せなかったのでしょう。

朋峰さんがミスインターナショナルに選ばれて祝福のメールが届く

そして異母妹の朋峰さんがミスインターナショナル日本代表に選ばれた事で、

事情を知らない方から、眞善さんにも祝福のメールが届いたそうです。

朋峰さんが本名である鑓田姓を名乗っていれば、岡田真澄さんの娘とはわからず、

もしかしたら結果も違ったものになっていたかもしれません。

そして眞善さんと朋峰さんが兄妹であった事もわからなかったでしょう。

親の七光りを利用する為に岡田姓を名乗ったと眞善さんが激怒する気持ちとてもよくわかります。

フジテレビ・グッディの偏向報道とは?

週刊女性の眞善さんの記事を前日読んでいた私はたまたま

『フジテレビ・グッディ」の眞善さんの特集を観たのですが、とにかくびっくりしました。

真澄さんが岡田姓を捨てて鑓田姓を名乗る事になった経緯には全く触れず、

司会の安藤優子さんを始め、コメンテーターさんたちも

妹の快挙を祝えない兄」として眞善さんを批判する内容だったのです。

あるコメンテーターに至っては「岡田姓を名乗る事で、眞善さんも親の七光りをしている」なんてヒドイ事を言っていました。

七光りも何も眞善さんは本名ですから、岡田姓を名乗るのは当然です。

そしてミスインターナショナル日本代表に岡田姓で応募したのは、

大好きなお父さんと同じ姓で出場したかった」からで、

七光りを狙った物ではないという朋峰さんの言い分などが紹介されています。

ミスインターナショナルへの応募は、本名でなくても問題ないそうですが、

芸能人でもないのに、本名で応募しない事に違和感を感じましたね。

記事をサラッと読んだだけの私でも、眞善さんが激怒する気持ちがよくわかるのに、

2時間もインタビューしたテレビ制作者が、その意図を理解出来ない訳ありません。

意図的に真実を隠し、面白おかしく報道した様に見えてしまいました。

そして私が感じたと同じ事を感じた方がたくさんいるのでしょう。

案の定『フジテレビ・グッディ』には批判が寄せられています。

グッディへのみんなの反応

やはりグッディの岡田明峰さんに偏った報道に皆さん違和感や怒りを感じています。

 

まとめ

今回はミスインターナショナル日本代表の鑓田朋峰と異母兄の確執を意図的?に歪めて特集したフジテレビ・グッディに批判殺到!?

についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

子供には罪が無いと言いますし、朋峰さんも気の毒ですが、

お母さんの苦しみを見てこられた眞善さんからすれば、

異母妹を素直に祝えないのは当然とも受け取れます。

『フジテレビ・グッディ』がヒドイ報道内容だったので、

誤解して眞善さんを批判する声もある様ですが、

誤解が解けるように祈っています。

岡田朋峰
最新情報をチェックしよう!
>今日もいちにちお疲れ様です。

今日もいちにちお疲れ様です。

頑張ってるみんなに何かひとつでも良いことがありますように・・・

CTR IMG