注目キーワード

【徹底解説】東京オリンピックチケットの支払い方法とルール!これを読めば全てわかる!

東京オリンピックチケットの申込みは済みましたか?済んだ方は、

あとは2019年6月20日の当選発表を待つだけですが、その日を待つ間に必ずやってほしいことがあります。

それは、支払い方法とルールを確認しておくことです!

意外と細かいルールがたくさんあるので、しっかり確認してクレジットカードの申込みなどに備えましょうね。

スポンサーリンク

チケット支払い方法は2つだけ!

東京オリンピックチケットの支払い方法は、2つあります。

  1. 現金支払(コンビニ決済のみ)
  2. クレジットカード支払(Visaのみ)

です。

これがけっこう厄介で、支払い方法の縛りがとても厳しいのです。

現金、クレジットカードの支払いにはそれぞれメリット・デメリットがあるので、それぞれルールを確認していきましょう!

①現金支払い

現金支払いは、コンビニのみになります。

✕銀行振込・ゆうちょ銀行振込・口座振込・口座引落・オンライン口座支払いなどは一切できません。

ここで1番注意しなくてはならないのは、『コンビニ決済の上限は30万円』ということです。

どのコンビニであっても、コンビニ支払いの上限は30万かつ分割はできないので、

オリンピックチケット当選金額が30万円を超える人は、現金支払いは出来ません。

※利用できるコンビニはまだ公開されていません。

②クレジットカード支払い

クレジットカード支払いは、上限金額はありませんが、

  • Visaのみ
  • 一括払いのみ

という制限があります。

ちなみに、オリンピック会場内で使用できるクレジットカードもVisaのみ、オリンピックに関わる支払い・買い物はすべてVisaのみとなっています。(Visaがゴールドパートナーなので仕方ないですが不便すぎる)

ですので、この際にVisaのクレジットカードを1枚作っておくと安心かもしれませんね。(これがVisaの狙いか・・・と思うとなんか悔しいですが笑)

こんな人は注意!

上記の支払い方法のルールをまとめると、

チケット合計金額が30万以上の人➡Visaクレジットカード

チケット合計金額が30万未満の人➡現金かVisaクレジットカード

ということになります。

いざという時、焦る可能性がある人は・・・

チケット30万以上なのに、Visaクレジットカードがない

Visaカードはあるけど、月の上限金額がオーバーしていて、一括支払いができない

現金でチケット合計金額分が用意できないのに、Visaカードがない

きちんと当選前に準備しましょうね!

スポンサーリンク

おさらい:チケット当選のルール

チケット合計金額が30万以上かそれ以下かで、支払い方法が変わってくることがわかりました。

『チケット合計金額が30万超えないように調整すればいいや』と思っている人は要注意ですよ!

チケットは、当選した分すべてを購入しなければならない=キャンセルしたいチケットがある場合は、当選したチケットすべてをキャンセルする必要がある
なので、当選してからチケット合計金額をコントロールしようとしている人は、ちょっと考え直してくださいね!
また転売は、家族親族・知人友人のみ可能です。禁止されているのは、SNSやチケット転売サイトで不特定多数の人に交換や販売を働きかけること。

おさらい:チケット当選から支払いまでのスケジュール日程

最後にチケット支払いまでの流れを確認しておきましょう。

7月2日まで、2週間ありません!ボーナスが遅めの方は要注意ですね~せめて7月15日過ぎまで期限があればボーナスを当てにできたのに・・・なんて声も聞こえてきそうです(笑)

まとめ

オリンピックチケットの支払いについて、方法やルール、日程などについてまとめてみました。

できるだけわかりやすくお伝えしようと思ったのですが、ちゃんと理解していただけたでしょうか?

事前に準備できることはしておいて、心に余裕を持って6月20日の当選発表を待ちましょうね!

⬇こちらもぜひご覧ください

東京オリンピックのチケット購入方法と値段について。人気種目や狙い目は?抽選は焦らず申し込もう!

東京オリンピックのチケット購入方法!操作を画像つきで解説!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
>今日もいちにちお疲れ様です。

今日もいちにちお疲れ様です。

頑張ってるみんなに何かひとつでも良いことがありますように・・・

CTR IMG