注目キーワード

星稜は笑顔が素敵!負けてても笑って楽しくプレー!爽やかな画像まとめ

2019年夏の甲子園に出場した石川県代表の星稜高校

決勝戦では、1点先制するも3ランホームランで履正社に逆転され、追う立場が続きました。しかし、星稜の選手たちは皆常に笑顔

ニコニコと楽しそうにプレーする姿がとても印象的でした。

今回はそんな素敵な星稜高校野球部の笑顔画像を集めてみました。

スポンサーリンク

星稜の笑顔が素敵!

まずみなさんの笑顔への反応をまとめてみました。

決して無理して笑っているのではなく、心の底から笑っている感じがしますよね。

だから見ていて気持ちが良いのだと思います。きっと履正社側の人も、見ていて不快ではなかったと思います。

スポンサーリンク

去年の主将が笑顔を広めた?

星稜の選手たちの笑顔を探していると、こんな面白いツイートをみつけました。

なるほど。星稜高校では「笑顔でやろう!」というマインドが染み付いているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

星稜の笑顔①奥川恭伸投手

笑顔といえば奥川くん。

愛らしい笑顔で多くのファンを魅了してくれましたね。

 

笑顔の一方で、勝っても泣いてしまう姿にも度々心動かされましたよね。

また、8月22日の決勝戦では、苦しい場面が多く、やはり表情が固くなることも。

しかし、すぐに笑顔になる奥川くんがいました。

心で負けてない証拠だと思います。

奥川くんの精神的な強さがチームを引っ張っていたのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

星稜高校のユニフォームに込められた一番星!

星稜高校は、黄色地に星がついた帽子が印象的なユニフォームですよね。

このユニフォームには、いろいろな意味が込められているのです。

黄色地の意味

黄色いユニフォームが非常に特徴的ですが、これは

星稜高校のスクールカラーである「黄色」をユニフォームに取り入れてほしい

という初代校長の希望により、実現したそうです。

「星稜高校スクールカラー」の画像検索結果

星稜高校・星稜中学ともに、校章には「黄色」が取り入れられています。

星稜という名前のとおり、「」をイメージできるように黄色にしたのですね!

黄色がダサいという意見もちらほら見られましたが、わざわざ黄色にしていることをみなさんにも知ってほしいですね♪

帽子の星の意味

星稜高校のシンボルマークとも言える、帽子の星。この帽子の星にも意味があるそうです。

「星稜 帽子」の画像検索結果

オレンジ色の星がポップで可愛らしいですよね♪

星稜高校の監督によると、

“日本一輝くチームになる”という願いを込めた“一番星”です

とのこと。

星稜の「星」という意味だけでなく、『日本一輝くチームになる』という意味もあるのですね。素敵です。

2019年の夏の甲子園で、その夢がついに叶うかもしれません。

一番星目指して頑張ってほしいと思います!!!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、星稜高校の笑顔についてまとめてみました。

2019年夏の甲子園を盛り上げてくれ、たくさんの笑顔と感動をくれた星稜高校に、心からの感謝とお疲れ様を届けたいと思います。

関連記事

2019年夏の甲子園では、石川県代表の星稜高校が大注目を浴びています。 怪物と呼ばれるピッチャー・奥川恭伸くんを初め、素晴らしい選手が勢揃いで、見事決勝戦にコマを進めました。 何試合も観ていると、黄色いユニフォームが気になってきますよね[…]

関連記事

2019年夏の甲子園で注目を集めているのが、星稜高校のピッチャー・奥川恭伸くんです。 MAX154kmのストレートや豊富な変化球で三振を奪いまくり!入学してすぐ星稜高校のエースとして活躍していただけありますね。 そんな奥川恭伸くんですが[…]

関連記事

2019年夏の甲子園、決勝戦が履正社(大阪)VS星稜(石川)で行われました。 そこで、履正社の応援歌について「センスがいい!」「応援したくなる」と評判です。 履正社の応援歌である 「天体観測/BUMP OF CHICKEN」 […]

関連記事

2019年夏の甲子園、1回戦の約半分の勝敗が決まり、盛り上がりをみせてきていますね! その中で、注目を集めているのが国学院(國學院)久我山高校の応援歌でチャンステーマの『一本』です。 この曲、気づいた人もいると思いますが、大人気野球アニ[…]

関連記事

2019年夏の甲子園。8月8日に行われた第1戦で、国学院久我山が前橋育英を7-5で破り勝利!2回戦に進みました! そこで注目されたのが、国学院久我山野球部の尾崎直輝監督です。 試合中継を見ていた人たちからは「選手じゃないの?」「若いのに[…]

関連記事

2019年夏の甲子園第2戦。8月13日は、福井県の敦賀気比と西東京代表の國學院久我山が対戦します。 敦賀気比高校のキャッチー、御簗龍己選手をご存知でしょうか?御簗選手、実は5年前の甲子園でホームランを2本打ち「伝説の男」と呼ばれた御簗翔選[…]

関連記事

2019年ドラフト1位候補、大船渡高校の佐々木朗希投手。 7月の岩手県で行われた予選大会でも早速その実力を発揮していますが、「フォームが変わった?」「フォームがよくなってる」という声がちらほら聞こえてきました。 佐々木朗希投手といえば、[…]

 

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
>今日もいちにちお疲れ様です。

今日もいちにちお疲れ様です。

頑張ってるみんなに何かひとつでも良いことがありますように・・・

CTR IMG