注目キーワード
2019年秋ドラマがスタート!あらすじや感想・キャストをチェックしよう!

ミヤネ屋で放送事故!反日イヨンチェ教授の意見が理解不能で宮根さんもびっくり!

2019年9月18日放送のミヤネ屋にて、放送事故のような討論が繰り広げられました。

恵泉女学園大学のイヨンチェ教授が、スタジオの李相哲(中国人)さんや宮根誠司さんの話を遮り、偏った意見を言い続けたのです。

この状態に、視聴者からは『韓国の思考回路がこれだから話にならないのも納得』『これは放送事故』という意見があがっています。

  1. 問題の9月18日の放送内容
  2. イヨンチェ教授の経歴

について詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

ミヤネ屋で韓国よりのコメントばかりするイヨンチェ氏

放送直後のツイッターの反応がこちら。

9月18日放送のミヤネ屋は、ツイッターでトレンド入りするほどの反響がありました。

その全ては、ものすごく韓国側によった意見をコメントし続けたイヨンチェ氏の言動にあります。

親日はいない

親日の何が悪いのかという問いに全く答えない。

日本の支援によって韓国の財閥が成長したため「親日を淘汰できなかった」と主張し、親日の存在を否定するイヨンチェ氏。

この人が日本に来た理由は「日本人に韓国の正しさを伝え、日本政府が間違っていることをひとりでも多くの学生に普及するため」でしょうかね…

都合の良い解釈

協定に基づく気持ちは全くなし、他国の事例(韓国側に有利なもの)を取り上げて正当化しようとしていますね。

経済支援で北朝鮮は良い国になる

 

あまりの話の通じなさにさすがの宮根さんも、最後は「うーん」と肘をついて考えてしまいます(笑)

一番怖いなと思ったのは、これを話しているイヨンチェ氏は大真面目で、心の底からこう思って発言しているということですね。

そして、そんな人が日本の大学で教鞭をとっているということ。

自分の子供は何があってもこの大学には入れたくないです……

スポンサーリンク

ミヤネ屋放送後の視聴者の反応

放送中もそうですが、放送後もしばらくの間、多くの人がさまざまな反応をしていました。

いちばん多かったのは『韓国と話し合いができない理由がわかった』というもの。

あまりにも話しが噛み合わない放送でしたので、皆さん『これじゃうまくいくわけない…』と思ったのですね。

正直、韓国ではこのような考えの人がすごく多いのだろうと思うと、歩み寄る気持ちにもなれないですよね…

正論が全く通じないのですから。

日本政府はもっともっと時間をかけて話をしないといけないのでしょうが、韓国側が議論する気持ちをもう少し持ってもらわないと厳しいですよね(この考え自体、韓国からしたらおかしいのでしょうが…)

イヨンチェ氏の経歴まとめ

イヨンチェ氏がどのような人物なのか、すこしだけ調べてみました。

李泳采(イヨンチェ)教授は1971年、韓国生まれ。恵泉女学園大学教員。98年来日、専門は日韓・日朝関係。日韓の市民団体の交流のコーディネーター、韓国語、韓国映画や映像を通して現代を語る市民講座の講師を務める。「ヤスクニの闇に平和の灯を!東アジア4地域(日本・韓国・台湾・沖縄)キャンドル行動実行委員会」事務局、光州5.18財団発行の「アジアジャーナル」海外編集委員。

さまざまなテレビ番組にも出演歴があるようですが、いずれも『性格が悪い』『言っていることが支離滅裂』など反感をかっているようですね。

今回のミヤネ屋で初めてこの人のことを知りましたが、それも納得です。

スポンサーリンク

ミヤネ屋で放送事故!のまとめ

今回は、ミヤネ屋でおきた放送事故並の討論について

  1. 問題の9月18日の放送内容
  2. イヨンチェ教授の経歴

などを詳しくまとめてみました。

7月上旬から続く日韓関係の悪化の糸口がずっと見えてこない理由がわかる放送だったのかなと思います。

↓こちらもぜひご覧ください

関連記事

2019年7月4日から、日本は韓国向けの輸出規制を強化しました。 これに対して韓国ではインスタグラムなどのソーシャルメディアで、日本製品の不買や日本への旅行中止を求める「ボイコットジャパン」のハッシュタグを付けた投稿が増加し続けています。[…]

関連記事

日本や韓国を中心に人気を博しているアイドルグループTWICE。人気メンバーのひとりで日本人のミナがワールドツアーに参加しないことが発表されました。 理由は『極度の心理的緊張』とのこと。 このニュースに聞いて、真っ先に思ってしまったのが、[…]

関連記事

2019年6月21日、「途上国の子ども130万人の感染症対策に40億ドル」を援助すると安倍政権が発表したと、NHKニュースが伝えました。 ネットでは「日本のためにお金を使うべき」「年金や少子化対策、虐待問題など今お金をつぎ込むべきことは自[…]

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
>今日もいちにちお疲れ様です。

今日もいちにちお疲れ様です。

頑張ってるみんなに何かひとつでも良いことがありますように・・・

CTR IMG