注目キーワード

京アニ放火事件#PrayForKyoaniで集まった声まとめ。募金5400万円もわずか8時間で達成

2019年7月18日に京都府にある「京都アニメーション第一スタジオ」で悲惨な放火事件が起きました。

死亡者数が33人となり、怒りや憤りがおさまらない人も多いのではないかと思います。

この事件は世界中に報道され、世界中から犠牲者を偲ぶ声、京アニを応援する声などが届いています。

クラウドファンディングではすでに100万ドルが集まっています。

このような事件を度と繰り返さないように、この事件を私たちが忘れないように、世界中のみなさんから届いた声をまとめておこうと思います

犠牲となった方々のご冥福をお祈りします。

京都アニメーション事件の内容

最初に、今回、世界中を悲しみに包んだ凄惨な事件についてまとめます。

以下、報道内容です。

2019年7月18日の午前10時半ごろ、京都アニメーション第1スタジオ(地上3階建て、延べ面積691.02m2)に41歳の男(以下、A)が侵入し、ガソリンをスタッフなどにかけ着火、爆発を伴う火災が発生した。ガソリンは事件直前に付近のガソリンスタンドで購入し、付近でバケツに移し替えて台車で運び込んだと見られる。

目撃情報によると、Aは建物に入った直後に火をつけながら「死ね」と叫んだという。Aはスタジオから100メートル離れた場所で京都府警察により身柄を確保された。このとき、警察の問いかけに対し「ガソリンを撒いてライターで火をつけた」と説明している。また、怒った様子で「パクりやがって」と大声で叫んだ姿が地域住民に目撃されている。Aは負傷していたため病院に搬送された。

2019年7月18日22時時点で、死亡者は33人となり男性12名、女性20名、性別不明1名とのこと。

「京都アニメーション」の画像検索結果

多くの命が理不尽にも奪われたこと、本当に心が痛いです。また、犠牲になったのは日本の文化の象徴でもあるアニメの作り手さんたちです。京都アニメーションは同業者からも「仕事が丁寧」だと言われていたようで、優秀かつ貴重な人材がこんなひどい仕打ちを受けたこと、そのことにも多くの人がショックを受けています。

 

世界中からのPrayForKyoani

今も日本中が悲しみや怒りでいっぱいですが、その中で世界中の京アニファンや人々から「追悼メッセージ」が次々と届いています。

主にSNS上で祈りや思いが届けられていますが、Twitterでは、ハッシュタグ「#PrayForKyoani」で投稿が集まっています。

日本語以外には、英語、韓国語、中国語、ポルトガル語、スペイン語などの投稿があります。

いくつかのメッセージをご紹介したいと思います。

新海誠監督

AppleのCEO

ヒャダイン

中川翔子

元NMB48山本彩

西川貴教

GLAYのHISASHI

pixiv

日本からの声

日本でも、「京アニに助けられた」「たくさんの感動をありがとう」と言う感謝の言葉の他に、

できることをやろう」と呼びかける内容のものもあります。

なかには作品の1シーンを取り上げたり、自作のイラストをアップしている人もいます。

これはほんの一部の投稿で、悲しみの声は今も大きく広がっています。

世界からの声

「アニメファンは喪に服している」

「従業員たちが無事であることを祈っています」

「祈ることしかできない」

「とても悲しい日」

「アニメにとって大きな損失だ」

「一人でも多く助かりますように」

「京アニが世界にもっと笑顔を与えることができるようになることを願っています」

など、たくさんの声が届いています。

世界中の人々がこうやって思いを馳せてくれていること、私たち日本人は忘れちゃいけないなと思います。

クラウドファンディング

アメリカのアニメ配給会社である「Sentai Filmworks (センタイフィルムワークス)」は、公式ツイッターで

「私たちの心と思いは京都アニメーションとともにある」「私たちの友達を助けて」などと投稿し、目標金額50万ドル(5400万円)のクラウドファンディングを開始しました。

目標金額の50万ドル(5400万円)は、開始約8時間で達成

現在は、目標金額を75万ドルに増やして寄付を募っていますが、7月19日の朝8時時点で100万ドルを突破しています。

クラウドファンディングは、その動きを知った日本のWebメディアがツイッターなどで協力を呼びかけていました。

詐欺に気をつけるような呼びかけもありましたが、これはアメリカのちゃんとした会社なので心配はいらないようです。

まとめ

今回は、京都アニメーションスタジオで起こった凄惨すぎる放火事件について、日本や世界から届いた声をまとめてみました。

このような無差別大量殺人は防ぎようのない殺人です。「何もできない」と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、事件についてより多くの人が思いを馳せて、考えて、何かちょっとでも行動する

それが犠牲者や被害を受けた人たちを少しでも救うことになるのではないでしょうか。

救うなんてことはできないかもしれないけど、ほんの少しでも心の支えになれば、と願うばかりです。

今回の事件で亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、怪我をされている方の一刻も早い回復を願っております。

⬇こちらもぜひご覧ください

関連記事

2019年7月18日、京都アニメーション第一スタジオで凄惨な放火事件が起こりました。 世界中でも報道され、すぐにアメリカでクラウドファンディングが開始されました。 7月19日14時の段階で、寄付金額は126万ドルを超えています。 今回[…]

関連記事

2019年7月18日、京都アニメーション第一スタジオで凄惨な放火事件が起こりました。 この事件に関して、 日本でクラウドファンディングに参加する方法 日本での支援方法 ついてまとめました。 日本のクラウドファンディング[…]

 

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
>今日もいちにちお疲れ様です。

今日もいちにちお疲れ様です。

頑張ってるみんなに何かひとつでも良いことがありますように・・・

CTR IMG