注目キーワード
2019年秋ドラマがスタート!あらすじや感想・キャストをチェックしよう!

スイス旅行④~グルテン山の楽しみ方とスイス名物チーズフォンデュの美味しさレポート~

ベルン観光に時間的余裕がある方はグルテン山をおすすめします!また、スイス名物のチーズフォンデュとラクレットについても味やお店についてご紹介します。ベルンの夜の町並みも写真におさめてきたのでぜひご覧ください。 
スポンサーリンク

 

グルテン山の行き方、景色は大パノラマ!

スイス旅行③でクマ公園に行ったあと、時間に余裕があったのでグルテン山に登りました。

グルテン山に行くには、ベルン旧市街(ベルン駅前や時計塔の近く)から9番Wabern行きのトラムに乗って、Gurtenbahnで下車。目の前の交差点を山の方に向かって5分~7分ほど歩くとグルテン鉄道の駅があります。そこからグルテン鉄道のケーブルカーで山の上まで行くことができますよ。(トラムではなく列車でグルテン鉄道の駅まで行くことも出来ます。その場合、列車S3もしくはS31に乗りWabern bei Bernで下車してくだい)

ケーブルカーは窓がとても広く、周りの景色を楽しみながら乗れるようになっており、4分の運行時間があっと言う間に過ぎてしまいました。

さあ、グルテン山に着きました。観光スポットだからなのか、公園らしく遊具もあるからなのか、夕方の17:30頃であるにも関わらず割とたくさん人がいました。しかし、敷地がとても広いので他人の声が聞こえないくらいの距離感は常に保てたので、のんびりゆったり過ごせました。

  

いいですね~芝生の上に座ってゆったり休憩したいな~~と思っちゃいますよね。でもそれはちょっと注意が必要です。なぜなら、あちらこちらに黒い草?藻?フン?よくわからない物体がコロコロと落ちています。きっと自然のもので害はないのだと思いますが、おしりが汚れてしまうので座りたいのであれば、敷物をもってくると良いですね。

グルテン山には大きなテラス付きのレストランがあり、ベルンの街を大パノラマで眺めながらランチやカフェを楽しめます。お腹はいっぱいだったので、何かおやつを・・・・と思い探していたら、なんと!スイカバーがありました!(笑)かわいい~!スイカバーがスイスにもあるなんて驚きでした。日本のアイスよりしっとり感の強いアイスでした。

スイス名物①チーズフォンデュ

ベルン宿泊初日の夜は、チーズフォンデュをいただきました。特にこのお店!と決めていませんでしたが、雰囲気が良さそうなところをチョイスしました。

チーズフォンデュとクリームパスタ(せめてトマト系かオイル系のパスタでしょ・・・と思った人もいるかもしれませんが、私は生クリーム・チーズ・牛乳が大好きです)をオーダーしました。

チーズフォンデュについては、事前に口コミを調べ『スイスのチーズフォンデュは本場の味。日本のチーズフォンデュだと思っていくと痛い目をみる』とのこと。どれくらい本場の味なのかな・・・と思っていましたが、本当にそのとおりでした!日本のチーズフォンデュとは別物です!チーズの香りや味よりも、圧倒的にワインの味が強いです。かなり強いです。酔っ払っちゃうのではないかと思うくらいでした。

ぐつぐつと煮詰まってきて残りが3分の1くらいになったころ、ようやくアルコールが蒸発したのかなんとか「うん、美味しいな」と思って食べられるようになりました。(それまでは一口食べるごとにパスタを頬張り中和してました)

アルコールが苦手な人は苦行になるかもしれませんが、スイスにきたらこれ!という人は1度チャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク

スイス名物②ラクレット

翌日の夜はラクレットをいただきました。日本でもラクレットチーズが売られていますが、デパートなどに行かないとなかなか手に入らないですし、いいお値段がするのであまり食べたことはありませんでした。

スイスでは日常的に食べられているというラクレットに挑戦です。

とっっっっっっっても美味しい!!!!!!これはチーズの王様だ!!!!!!と思うくらいです。チーズの臭みが少なくなめらかでコクがあります。つけあわせのじゃがいもとの相性バッチリでした。最初はとろーりで、冷めてくると少しかたくなるのではやめに食べきっちゃいましょう。ちなみに私は、このラクレットチーズが美味しすぎて、日本に戻ってから即ラクレットチーズを購入してとろーりさせて美味しくいただきましたよ★

ディナーの帰り道は、ベルンの綺麗な街並みに浸る

お腹いっぱい幸せいっぱいになったあとは、ゆっくり散歩をしながらホテルに戻ります。そのときに撮った綺麗な街を昼間の写真も交えつつ紹介して終わりにしますね。ベルンは、人も穏やかで優しかったですし、街にもゴミが少なかったです。スイスの首都ベルン、人生で1度は行ってほしい場所の一つになりました。

ミルクチョコレート、実はスイス人ダニエル・ピーターの発明品なのです。ですから、スイスにはたくさんのチョコレート屋さんがあったり、お土産として売られていたりします。スイスの高級チョコレート店としては、『リンツ』や『シュプリングリ』、『カイエ』などがありますが、ベルン旧市街では『コンフィズリー・チーレン』というお店が人気です。他にもクマの焼き菓子がおいてある『ベック グラッツ コンフィサー』など、いろいろなお店があるので、ぜひいろいろ食べ歩きしてみてくださいね。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
>今日もいちにちお疲れ様です。

今日もいちにちお疲れ様です。

頑張ってるみんなに何かひとつでも良いことがありますように・・・

CTR IMG